ギブソンのファイアーバードの評価レビュー。

今回の記事ではギブソンのファイアーバードの評価レビューを行なっていきます。

ファイアーバードはギブソンの中でも個性的な存在で、何度も仕様変更が行われ、Ⅰ、Ⅲ、Ⅴ、Ⅶといったバリエーションがありました。

ギブソンのファイアーバードについて

1963年にギブソンからファイアーバードは発売されます。
発売当初は下記の4つのモデルがありました。

・ミニハムがリアにひとつだけのファイヤーバードI

・ミニハムが2つでショートヴァイブローラがついたファイヤーバードIII

・ミニハムが2つでデラックスヴァイブローラがついたファイヤーバードV

・ミニハムが3つでデラックスヴァイブローラ+ゴールドパーツのファイヤーバードVII

しかし、製造中止、再販を何度か経て現在のレギュラーラインアップのファイヤーバードは、ピックアップはミニハムを2つ搭載しヴァイブローラは無くストップテイルピースにした形がメインとなっています。

サウンドは全体的に抜けがよく、あたたかみのあるサウンドです。低域はさほど出ませんが適度な太さがあり、ロックやブルースに最適です。ピックアップポジションをセンターにしてファンクなカッティングも得意分野です。リバースモデルに搭載されたミニハムバッカーは他のギブソンのモデルよりもシャープなサウンドです。また、ギブソン初にスルーネック構造となっており、センターピースが1段盛り上がっているデザインになっています。ノンリバースモデルに多く搭載されているのは、低音も効いた太めなサウンドが特徴です。シングルコイル搭載のギターほど細い音ではなく、太さや腰がしっかりあります。フェンダーとギブソンの中間的な存在です。ネックの接合方法がスルーネックからセットネックへ変更されました。

ファイアーバードの廉価版のファイアーバードスタジオやファイアーバードゼロ等他にもバリエーションがありますが、今回は現在ギブソンのレギュラーラインナップの所謂ファイアーバード2016のレビューです。

構造とハードウェア

ファイアーバードには構造とハードウェアに大きな特徴があります。

・量産されているギターでは唯一のスルーネック構造

・ファイヤーバード用に設計されたミニハムバッカーのピックアップ

・ファイヤーバード用に設計されたペグ、通称バンジョーペグ

ボディはセンターピースが厚くなっている構造になっています。トレモロアームを仕様した際のチューニングの狂いを抑えるためヘッド角度が浅く、フェンダー系に近いデザインとなっています。ミニハンバッカーはフロントピックアップで弾いたときでも、抜けの良いサウンドが出せますが低域はさほど出ません。普通のハンバッカーのように歪まないため、クランチサウンドは作りやすいです。レスポールと比べると音の粒だちがはっきりしており潰れません。レスポールをトレブリーにした・・・といったイメージです。バンジョーペグは大きさ、重さともにハンパないレベルではなく、よく言われるストラップを付けたときのヘッド落ちの原因となっております。

こうした他に例を見ない特別仕様だらけのギターになったのは、当時(1960年初頭)若者にうけていたフェンダーに対抗するために「新しい技術を使ったギター」をアピールするためではないかと推測されます。

ただし、現行のファイヤーバードはバンジョーペグは廃止されスタインバーガーのギヤレスチューナーを取り付けられています。

現行品の特徴

現行のファイヤーバードはペグにギヤレスチューナーに変更された事もあり、一番の懸案事項だった「ヘッド落ち」がかなり解消されています。

「ヘッド落ち」とはギターをストラップをつけて体にかけて弾いた場合、ギターのバランスが悪くヘッドの方が下に落ちてしまう現象です。

これはファイアーバードに限らずSGでも起こる現象です。

バンジョーペグは重量があるのとギヤが荒いのでチューニングしにくいのでギヤレスチューナーに変更したのはとてもいい変更だと思います。

ファイアーバードの利点

ネックは近年流行りの幅が広めの薄型です。
ヴィンテージライクな太めのグリップを好む人はちょっと苦手かも知れませんが、そうでない人には問題無いと思います。

また、売りのスルーネック構造のおかげでハイポジションまでの移動は他のギターと比べてあまりにもストレスがありません。

このハイポジションでの弾きやすさは大きなファイアーバードの利点です。

ミニハムバッカーも歯切れ良さとちょうどいいパワーが相まって気持ちのいい音になっています。軽くコンプをかけたようなはじけるような感じです。ミニハンバッカーの特性なのか、暖かみのあるというよりは金属的な響きがあります。

R&Rや南部系のブルースロックにはかなり向いています。
大きく歪ませたい場合はディストーションではなくファズが向いています。

ミニハムでファズを使った音もまた独特でいいです。

ファイアーバードの欠点

ファイアーバードの構造はストラトキャスターやテレキャスターに比べるとネックが飛び出したような構造になっています。

ですので持ち替えると2フレットくらいズレた感じになってしまうので、この辺は慣れが必要です。

ハイポジションは弾きやすいものの個性的なデザインからか、1フレットは非常に遠く感じます。重量バランスを無視したようなデザインのため、ストラップを付けて立ち上がるとヘッドが下がります。

またボディも大きく、全長はベースとほとんど変わらないくらい長いです。

その大きさへの慣れも必要となります。

常に右手でネックを持ち上げるような感じで決して弾きやすいとは言えませんが、カッコいいから許せてしまいます。

また、ボディ下部が傾いているため、その辺に立てかける事が出来ません。

仮に立てかけて倒れた場合、深刻なダメージをくらいます。
スルーネックなのでネックが折れたらそれまでです。

慎重に扱わなくてはいけない事も欠点と言えると思います。

総論

ファイアーバードを使用している人に、何故ファイアーバードを使っているのかと聞けば、ほぼ全員が「デザイン」と答えます。

Gibson Custom Slash Firebird

フィニッシュ・チェッキングや擦れを再現するハンド・エイジングの処理が施されています。

Firebird Custom

ネック側とボディ側の両方でバインディングが巻かれ、ゴールド・ハードウェアとブラックのスピードノブが装着されています。

特に最近のファイヤーバードは様々なジャンルに対応できる音を持っていますので、この形が好きになれば上に上げた欠点も気にならないのだと思います。

全ての人にオススメできるギターではありませんが、周りと違うギターを弾きたい人にオススメしたいギターです。

ギブソンのレスポールクラシックプラスについて。

レスポールはギブソンの主力商品です。

再生産するようになり、年代によって様々なモデルが発売されています。

ですので、購入する際には、よく下調べをして楽器店で試奏して購入しましょう。

あと、レスポールは大切に扱わないとネックが折れやすいです。

それだけ、乾燥した良い木材を使っているということでしょうが、マホガニーネックは折れやすく、あのネックの角度はとくに危険なので気をつけましょう。

レスポール・クラシック・プラスの前にクラシックというモデルがありました。

レスポール大好きギタリストのスラッシュが好んでステージで使っていたモデルがレスポール・クラシックでした。

クラシックが発売されたのは、1990年頃です。

1960年のレスポールを再現したものとの触れ込みで登場しました。

ネックは1960年製のものとスリムテーパーシェイプネックになっています。

ボディトップは、スタンダードと同様、プレーントップでした。

ピックアップは、カバードタイプでないオープンタイプのもので、ハイパワーなピックアップが載っていました。

価格的にはスタンダードのレギュラーモデルと変わらず、パーツ類はすべて
ニッケルに、ブリッジもABR-1でペグもクルーソンペグとなっていました。

ルックスもヒスコレに匹敵するものでした。

レスポール・クラシック・プラス

プラスということになり、そのプラスはボディのトップ材に変更をもたらせます。

ボディトップに、メイプル材AAクラスのトラ目のびっしりと敷き詰められたものとなります。

お値段も上乗せされ、約10万円プラスされますが、59リイシューモデルよりも10万円以上も安い値段でトラ目のレスポールが手に入るというわけで、
結構な人気がありました。

カラーバリエーションが豊富で、ピンクやパーブルといったPRSを意識したかのようなモデルも発売されました。

フロントのピックアップを外すとキャビティーに、LPCPと書かれていますので、すぐにわかります。

更にプレミアム・プラスと言うモデルも発売され、さらにトップのトラ目は派手になります。

こちらは、トップ材のメイプルがAAAメイプルとなります。

こちらも、フロントのピックアップを外すとキャビティーにLPPPと書かれているのが確認出来ます。

ですが、トラ目の具合はやはり個体差が大きく、プラスであっても、プレミアム・プラスよりも大きく出ているものもあったりします。

クラシックシリーズは、スリムなネックとセラミック・マグネットのハイパワーなピックアップで好みが別れるところです。

ギブソンのレスポールスタンダードの59・98について。


ギブソンのレスポールモデルはもともとジャズギタリストのレス・ポール氏のシグネチャーモデルでした。

1952年に登場したころよりピックアップやブリッジに改良を加えて行きます。

1957年まではゴールドトップであったボディの塗装を、1958年よりサンバースト塗装(シースルーフィニッシュ)に変更します。

それにより、ボディトップのハードロック・メイプルの木目がとても美しく見られるようになりました。

ところが、その頃の音楽シーンには、このギターはサウンドにパワーがありすぎてコントロールしづらいことや、ギターの重量が重すぎるということがあり受け入れられず、1960年に生産中止になってしまいます。

サンバースト仕様のレスポールモデルは、約1500本製作された程度でした。

レスポール再評価

もともとジャズギタリスト向けのギターであったレスポールですが、エリック・クラプトンが使用したことで一躍有名になります。

エリック・クラプトンがマーシャルとレスポールの組み合わせで得られるディストーションサウンドは極上のサウンドと絶賛されました。

その後、ロックミュージシャン達はレスポールを使うようになります。

ギブソンは、再びレスポール氏と再契約を結び、1968年にレスポールモデルの再生産を始めるようになります。

1959年製レスポール・スタンダード

1958年から1960年まで製作されたレスポール・スタンダードの中でも、コレクターの中で高く評価されているのが、1959年製です。

シリアルナンバーが9から始まる番号となります。

9の後には1つスペースを置いて、残り4桁の数字が記されます。

本数が少ないことから、プレミア価格がついていますが、普通のヴィンテージギターの中でも桁が1つ違います。

本物を見てみると、ボディの形状がすごくきれいで、退色したボディーカラーもアイスティーカラーとなっているものもあり、ものすごい風格があります。

PAFのサウンドについては、とてもトレブリーで良い音がすると言われていますが、製作当時は、コイル巻線機に自動停止機能がついていませんでしたので、設計値の5000ターンより多めに巻かれたりしていて、個体差が大きいです。

1998年製レスポール・スタンダード

再生産し続けられているレスポールですが、1999年よりチェンバードボディとなってしまいます。

チェンバーボディは重すぎるレスポールのボディをくり抜いて軽くするものです。

ですので、1998年のレスポール・スタンダードは4.5キロほどあり、ズッシリと重いです。

チェンバードボディとなって、音も軽くなってしまったと言われるレスポールですが、1998年製は音が軽くないので良いかもしれません。

1998年製はグローバーペグになっているのも特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です