エピフォンのアコギの評判やおすすめは?

エピフォンのアコースティックギターはギブソン傘下ですので、ギブソンのアコースティックギターの廉価版を製造販売しています。

驚くほどの低価格は徹底的に合理化された生産体制により可能となりました。

ラインアップも豊富でフォークタイプのギターからドブロギターまで存在します。

エピフォンのアコギの評判やおすすめは?

最近のお笑い芸人のみやぞんの使っているギターが、エピフォンのDove Proです。

エピフォンのアコギの特徴としては、値段が安いことです。

価格も1万円台からと大変良心的。

ギブソンのセカンドブランドとはいえ、価格面から品質に不安がありそうですが、工作技術などの向上により問題ないレベルになっています。基本設計がしっかりとしているため、アジア工場で生産されていても心配ありません。エピフォンを使用しているプロのギタリストも少なくありません。

リーズナブルですが、ギブソンのスピリッツを受け継いでいます。

主な製品として、

ポール・マッカトニーがイエスタディを歌う時に使用するTexan。

J-45のエピフォン復刻モデルEJ-45。

スクエアしショルダーでピックガードに鳥の絵が描かれたHummingbird Pro。

Dove proモデル

があります。

Hummingbird ProとDove Proにはピックアップシステムが搭載されていますので、エレアコとしても使用することもできます。オール単板でピックアップ搭載でも5万円ぐらいで手に入ります。

Masterbilt Series

高級モデルルラインナップとして、Masterbilt Seriesがあります。

通常のラインナップとは一線を画したクオリティーを持っており材料の選定、作り込みもしっかりとしたものとなっております。

Masterbiltシリーズは、エピフォンの産みの親、エピ・スタトポウロ氏が1930年初頭に発表したラインアップとされています。

当時のトップクラスのプレイヤー達の演奏から着想を得て、多くの人々の手に届く価格帯でありながら、プロ仕様のギターを届けたいという思いから生まれたシリーズです。

このシリーズのモデルは全てソリッドボディ、ネックジョイントはニカワ接着、ボーンナットに、ボーンサドルとなっています。

ペグはグローバー社製「Sta-tite」が使われていたり、ネック材もマホガニー1ピース(一部例外もあり)と伝統が受け継がれている仕様となっています。

ブレーシングにはスキャロップドブレーシングを採用しています。これはトップ材の振動を伝えるのに干渉を少なくするために有効です。

ネックは、他のモデルより太めのネックシェイプになっています。非常にまろやかで明瞭なサウンドは他のモデルには無い特徴と言えます。

ギターのサウンドは非常にまろやかかつ音圧があり、非常に明瞭なギターになっています。

このシリーズには、ドイツのShadowエレクトロニクスのピックアップを採用し、エレアコ仕様となっています。

こういった信頼性のあるパーツを選ぶ辺りは流石で、プレイヤーの視点に立った選定ではないでしょうか。

ギターのセットアップにもギブソンギターにも採用されている「PLEK」を採用し最終セットアップをしていますので、フレットやネックの状態は完璧に仕上がっています。

これだけ豪華装備でも10万円以内という価格帯です。この辺りがエピフォンの魅力ではないでしょうか。

・Masterbiot Series AJ-45ME

Gibson J-45をモチーフとしたギターで、オール単板でネックは程よいグリップ感のあるDシェイプとなっており、破格な価格であるにもかかわらずサウンドはしっかりとした音圧を持ち本格的なものとなります。

シンプルでありながら作りもよく、扱いやすそうです。

・Masterbilt Series DR-500MCE

ドレッドノートシェイプにカッタウェイの入ったギターになります。

ギターのスケールは、ロング・スケールとなっており、ネックシェイプはDシェイプのやや太いネックとなっています。

そこから生まれるサウンドはタイトでしっかりとしたテンション感で、重厚かつまろやかなものとなっています。

女性の弾き語りがちょっとしたブームになっており、このモデルも片平里菜さん愛用のギターで有名です。

・Masterbilt Series EF-500RCCE

やや丸めのオーケストラシェイプのボディを持つモデルです。

シダートップ、ボディサイドとバックには、ローズウッドを使用しています。

ネックはCシェイプとなり、Dシェイプよりも若干太めになります。

フィンガー・ピッキングに適しています。

 

このほかにも限定生産モデルも発売されているようですが、非常に出来が良く、希少性のあるモデルは早々に売り切れているようです。

まとめ

評判を聞くと「良くない」といった意見がチラホラ出ているので迷われている方も多いのではないでしょうか。

これは、ギブソンの「廉価版」というのが良くも悪くも邪魔をしているのでは?と思います。

「安物」と思う人もいるかもしれません。

韓国製もありますが、日本製もあるようです。かつては日本製も「安物、コピー」と言われていた時代がありますが

現在では品質を認められているものも多くなっています。

そういった価値観の人にお値段以上の価値を説明してもおそらく理解してもらえないでしょう。

また、メーカー名(ブランド)は関係なしに音、機能性、弾きやすさ、価格などで満足して購入する人もいます。

特にギターは生きた木から作られているため他の工業製品に比べ個体差もあるかと思います。

音やフィーリングを確かめて「これだ!」と思える1本に出合えるまで、できるだけ数多くのギターを手に取ってみてください。

特にアコースティックギターは同じような形でも素材などで一本一本違いますが、ボディサイズで選ぶのも良いと思います。音量に影響してくるところではありますが、ストローク中心なのか、アルペジオなのかとか、求める音楽スタイルで選ぶのも方法です。特にエピフォンはギターを弾きながら歌うミュージシャンに人気があります。

「ハズレ」だと思うギターもあります。自分の求める音やスタイルが合わなかっただけで・・・

エピフォンのファイアーバードのギターの特徴は?

エピフォンは長い歴史を持つ会社ですが、1957年にギブソンに買収されています。

ギブソンの廉価版の製品を製造販売しています。

現在の製造国は、主に韓国や中国で生産されています。

レスポールモデルの他にも、335モデルなどもあります。

レスポールモデル

レスポールモデルは、値段が安いのは良いですが、ヘッドの形状がギブソンと異なり、そこが購入に今一歩踏み切れない理由になっているようです。

ギブソンの美しいヘッドの形状と較べるとかなり大きなハンデがあります。

OEM生産の頃には、日本で作られたものがあり、それはギブソンと同じ形状のヘッドで、現在でも中古市場で人気があり、高値で取引されています。

ギターとしての性能は、生産国が中国となっていることもあって、レスポールの形はしていますが、ギブソンのレスポールをイメージすると、大失敗します。

木材のグレードなども大きく違いますし、パーツも安いものを使用していますので、それなりです。

まともなレスポールを作ろうとするとそれなりの値段がかかりますので、エピフォンのレスポールの値段では、それなりの音です。

生産国が中国ですので、作りも粗く色々と問題があります。

現在では通販でギターを購入することが多いらしいですが、楽器は個体差が大きいので必ず店舗で実物を見て、試奏してから購入することをおすすめします。

改造して使おうと思っても、元の素材の質が良くないので、大化けすることもないので、その辺も頭に入れておきましょう。

レスポール・カスタム

レスポール・カスタムモデルは、各パーツにゴールド、四角いスクエアインレイにヘッドにはダイアモンドインレイというレスポール・カスタムスペックと同じ仕様を持ったレスポールモデルです。

ギブソンのレスポール・カスタムを意識して、そのサウンドを追求しています。

エピフォンのレスポール・カスタムにも上位機種が存在し、そちらには、コイルタップ機能が採用されていますので、幅広い音作りが可能となっています。

また、シグネイチャーモデルも発売されています。

・Matt Heafy Les Paul Custom

トリヴィアムというヘヴィメタルバンドの、ギターとボーカルのマットヒーフィーのシグネイチャーモデルです。

ピックアップは、EMG85と81になっています。

ボディバックのバインディングを廃し、ジョイント部に大胆なヒールカットが施され、ハイポジションが弾きやすくなっています。

レスポール・カスタムを基本として、ブラックパーツになっています。

・Matt Heafy Les Paul Custom-7

レスポールの7弦ギターとなっています。

レスポールに7弦ギターは珍しいですので、手軽に7弦を試したいという方におすすめです。

■関連記事もご覧下さい!■

3・エピフォンのファイアーバードのギターの特徴は?

4・エピフォンの松本孝弘さんモデルのギターについてはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です