xotic bass bb preampのセッティングや音作りについて。

Xotic Bass BB Preampは、ギターやベースも製作しているメーカー、Xoticのエフェクターです。

本機は、ギター用プリアンプであるBB Preampのベース版として開発されました。

プリアンプと言っても、大掛かりなものはラック・タイプのものから様々ありますが、このBass BB Preampは、ペダル・エフェクトで普通にベースとアンプの間に接続が可能です。

今回は、このXotic Bass BB Preampを紹介します。

これって歪みじゃないかという意見もあるプリアンプ

実は、同じXoticからはBass BB Boosterというブースターが発売されています。

このBass BB Boosterは、ベース本来のサウンドはそのままに、言い替えればクリーンなサウンドをそのままブーストしてくれるのですが、Bass BB Preampは、アンプのゲインを上げていくようなイメージで歪みが加えられていきます。

ですので、考え方によっては、「Bass BB Preampの方がブースターで、Bass BB Boosterの方がプリアンプじゃないか」という人もいます。

ただし、個人的には、Bass BB Preampは、歪ませる事の出来るプリアンプだと思っています。

この辺は「プリアンプ」という言葉を、どう解釈するかにもよるでしょう。

Bass BB Preampの基本機能

コントロール・ノブは4つ装備されており、内容と機能は以下の通りです。

  • Gain 歪みの量を調節します。
  • Volume 音量を調節します。
  • Treble 高音域を±12dBの範囲で設定します。
  • Bass 低音域を±12dBの範囲で設定します。

TrebleとBassの効きがかなり良く、どこか薄く感じていたようなベースの原音も、パワフルに変化させられます。

トーンのブースト/カットの可変幅が大きく、音作りにとても向いていると感じる設計です。

また、パッシヴ・ピックアップでも、アクティヴ・ピックアップでも問題なく使えるので、様々なベースに合わせて使用可能になっています。

実際の音

それでは、実際の音について確認していきます。

SansAmpやMXRのベース用プリアンプに比べると、Xotic Bass BB Preampはより低音域・中音域に特徴があり、原音に厚みを加えるので、Sansamp等の十分歪ませた「ドンシャリ」サウンドが好きな人だと、あまり向いていないかもしれません。

ただし、あまり歪まないかと言うとそうではなく、ナチュラルかつラウドな歪みが十分得られます。

歪ませたサウンドを聴くと、前述のように「Bass BB Preampは歪み系エフェクター」と言われる理由が分かります。

しかし、ベースの歪み系エフェクターと言えば、原音とウェット音(歪み音)のブレンド(もしくはバランス)が可能な機種が多いのですが、Bass BB Preampにはその機能はなく、あくまでもナチュラルな歪みを付加するのみです。

そのため、音の芯を残した、太くて温かみのあるオーバードライブサウンドになります。ファズを効かせまくったような、芯をぼかしたような音は作りづらいと思います。

Xoitcは公式チャンネルを持っていますが、この機種の演奏動画は見つかりませんでした。

「Xotic Bass BB Preamp」で検索すると数多くのデモ・プレイ動画がアップされています。

この機種が気になる方は、サウンドをチェックして下さい。

総論

個人的な好みで言えば、特に歪みの音がSansAmpよりもかなり好きなプリアンプです。

コントロール・ノブも直感的でシンプルなので、操作性もよく重宝しています。

ポイントでOn/Offスイッチをするエフェクター的な使用方法、ではなく、常にかけっぱなしにしてベース・サウンドの一部と考えるのが良いでしょう。

そのような意味でも、やはり「プリアンプ」と捉えるべきだと思っています。

逆にSansAmpが好きな人にはあまり向かないプリアンプかもしれません。

ですが、そのような方もぜひ一度試奏してみて欲しい機種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です