boss bd-2wのレビューや音作り。ブースターとして優秀?

使ったことのない人を探す方が難しいと言われる程の超定番エフェクターブランドBOSS。

今回はベテランギタリストの間でも話題のBD-2W WAZA CRAFT Blues Driverをご紹介します!

WAZA CRAFTって?

公式サイトによれば「熟練のエンジニアが一つ一つのパーツの選定、出荷前に日本でサウンドチェックを行い細部までこだわった」とのことです。

世界中で愛されるBOSSのエフェクター。その技術力の高さは確かなものです。

話だけ聞くと仰々しい感じがしますが、果たしてその正体はどのようなものなのでしょうか?

そもそもBlues Driverってどんなエフェクター?

BD-2Wの原型となったBD-2はいわゆるオーバドライブと呼ばれるエフェクターになります。

特徴としてはBOSSの名機と呼ばれるOD-1やSD-1よりも歪みを深く、レンジを広くしたものという認識が一般的です。

ピッキングニュアンス(ピッキングの強弱に対する出音の反応)の表現性の高さが特に高評価で、プロ・アマ問わず幅広い層に支持されています。

単体での使用やブースターとしても人気の超定番ペダル、それがBD-2です。

BD-2とどう違うの?

最大の違いは「スタンダード」と「カスタム」という2つのモードを切り替えられる点です。
スタンダードモードは従来のBD-2のサウンドを踏襲したモードになり、このままでも十分使えるものになっています。

オススメはやはりブースターとしての使用ですね。
ゲインを9時から下、レベルを高めに設定することで音がパリッと前に出てきます。

対してカスタムモードはスタンダードモードのダイナミックレンジを広げ、ゲインを強化したよりモダンなサウンドになっています。

BD-2W単体でも十分な歪みが得られ、ブースターとして使用する場合はスタンダードよりも音の煌びやかさがより強く出てくるというような印象です。

なかなかクセになる音で、ソロの時にイマイチ音が抜けて来ないという時はカスタムモードに切り替えるのもアリですね!

今、BD-2を持っていないならBD-2Wを入手した方が良い

ロック系ギタリストにとって必須ペダルの一つであるBD-2。

価格はBD-2よりも高価になりますが、もし今現在BD-2を持っていなくてご関心があるのであれば、BD-2Wを手に入れた方が良いなと筆者は思います。
B

D-2WはBD-2をより現代風にモデファイしたペダルですが、ノーマルのBD-2としても使え、物足りない時はカスタムモードを使うというような一石二鳥な使い方ができるということはかなりのアドバンテージだと思います。

ペダルボードに組み込んで損はないものであることは間違いないですね!
BD-2W、これからの時代のスタンダードになる予感です。

ブルースドライバーの関連記事もご覧ください!

→ブルースドライバーの特徴やセッティング例はこちら!

→ブルースドライバーの上手な使い方はこちら!

→ブルースドライバーのレスポールとの相性はこちら!

→ブルースドライバーのテレキャスとの相性はこちら!

→ブルースドライバーのクランチは良い音?

→ブルースドライバーの技クラフトの評価レビューはこちら!

→BD-2Wの評価レビューはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です