donner morpherディストーションの評価・音作りについて。

今回はDonnerからディストーションのDonner Morpherをご紹介します。

Donner MorpherはSUHR のRiot Distortionのクローンです。Natural、Tight、Classicの3種類のスイッチによりサウンドキャラクターを変化させることができます。

 

donner morpherディストーションの評価・音作りについて。

Donner は2012年に発足した中国の楽器全般を製作販売するメーカーで、自サイトによる通販も行っています。

Donnerのエフェクターは3,000円前後にもかかわらずクオリティが高いと評判ですが、同じ事はMOORやJOYOを始めとする中国製のエフェクターメーカー全般に言える事ではあります。安っぽいという先入観を持ってしまいがちですが、そんなことはありません。ボディやコントロールノブも意外としっかり作られています。強いクセも無くサウンドも扱いやすい部類です。始めてエフェクターを購入する人にもおすすめすることができます。

Donner Morpherについて

Donner Morpherはディストーションです。

ご存じの通り、Donnerのエフェクターにはコピー元と思われるエフェクターがあるのですが、このDonner Morpherのコピー元はSuhr(サー)のRiotだろうと言われています。

コントロールは音量調節のLEVEL、歪みの調整のGAIN、TONEの他に本家と同じくキャラクター切り替えられるミニスイッチがあります。

このミニスイッチはNatural、Tight、Clasicと切り替えられます。

Naturalは一番ノーマルな歪み、Tightは音が立ちやすくClasicはLed Zepplelinのような往年のハードロックな音がします。

ただ、本家Riotの切り替えスイッチで変わる音のキャラクターとは若干違う感じがします。

一番RiotっぽいのはTightで、NaturalはTightのヌケを押さえた音、ClasicはTightの中音が増したものといった感じです。

いずれも音圧感があり、クランチから激しい歪みまで温かみのあるサウンドで歪み系のメインとしての使用ができます。またゲインを下げればブースターとしての使用もできます。トーンの効きも良くミニスイッチとの組み合わせにより、さまざまな音楽に対応できると思います。

SuhrのRiotのコピーモデルといえばJOYOのUs Dreamがあります。どちらも基板が同じようなためか、音に違いは感じられません。値段の面ではMorpherのほうが1,000円ほど安いようです。

Us Dreamも中々良く出来たディストーションですが、Riotにあるキャラクターの切り替えスイッチがありません。

しかし、こちらのDonner Morpherはキャラクターの切り替えスイッチが付いており、より幅広い音作りが可能です。どちらを選んでも普通に使える音ですが、本家Riotと比べると若干音の分離感や抜け感が無いように思います。

ノイズは若干ありますがある程度歪ませて使うのであれば問題はないでしょう。

RiotやUs Dreamとの比較

当たり前の話ではあるのですが、レスポンス、ダイナミクス、ノイズの無さはやはり本家のRiotには適いません。

同じコピーモデルのJOYOのUs Dreamと比較した場合、ピッキングの追随性がUs Dreamの方があるように感じます。

しかし、本家にひけを取らない音圧感とヌケ感、そして切り替えスイッチによる音作りの幅広さでいえばこちらのDonner Morpherの方が上回ると思います。

Donner Morpherの評価

記事を書いている現在(2018年10月)の時点ではamazonで3,000円を切る価格というのは破格値です。

この値段でアルミダイキャストボディで、しっかりと作ってあります。9V電池が使えず、アダプターによる電源供給が必要ですがエフェクトゲインの振り幅が広く、充分な歪みが得られます。ボードにも問題なく収まりますがボディが小さいため足で踏むと動いてしまいますので、ボードにしっかりと固定する必要があります。またインプットとアウトプットの位置が左右違いますので固定する位置も注意が必要です。またフットスイッチがかなり固く感じられます。力強く踏まないといけません。そのためにもしっかりと固定しなければなりません。トゥルーバイパスが搭載されており回路的にはほとんどコピーされています。想像していたよりも太いサウンドで、国産メーカーのものとくらべても劣らず、ディストーションとして完成されていると思います。

Us Dreamにも言える事ですが、Riotの音のキャラクターが好きだけどあまりお金は使いたくない人にはこの価格はかなり魅力的だと思います。

また、Us Dreamが若干物足りないと感じる人はDonner Morpherはかなりオススメです。

若干のノイズが気になるものの、TONEの効きも良く音圧も感じられるため、軽めなアメリカンロックから、ハードロックまでカバーエリアは広いと思います。何よりも3,000円ほどで購入できることが一番のポイントです。本物は20,000円以上はすると思いますので、コスパ的には最強です。基盤をコピーしているから当然ではありますが、十分に使えるサウンドです。

逆にUs Dreamに比べると若干クランチが弱く自分には感じますので、Riotのクランチの音が好きな人はUs Dreamの方をオススメします。

初心者用の格安ペダルに思われがちですが、本格的なディストーションサウンドが得られ、特に扱いづらそうなクセもなく、初めてエフェクターを買う人にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です