BB PREAMPの評価レビュー。ブースターの使い方やセッティング等。

今回はXotic Effects BB PREAMPをご紹介します。

XoticはLA郊外にあり音質にこだわったプロユースにも対応するブランドです。

BB PREAMPの評価レビュー。ブースターの使い方やセッティング等。

AC,RCがBoosterでしたが、これはPreampとなっています。

BB Preampはプリアンプ的に使える歪みエフェクターです。

BBのネーミング は、マーシャルの名機1962コンボアンプ、「ブルースブレイカー」に由来しています。

ブルースブレイカーはエリック・クラプトンがエリック・クラプトン&ジョン・メインオール(通称BEANOアルバム)で使用し、ロック界にレスポール&マーシャル旋風を巻き起こしました。

プリアンプに12AX7、パワーアンプに6L6を使用し、セレッションGreenback12インチスピーカーを2発搭載しています。

(BB Preampはマーシャルが作ったエフェクターBlues Breakerとは関係ありません、回路も全然違います)

BB Preampは現在でも人気が衰えず、根強い人気をもっています。

また、多くのプロミュージシャンがレコーディングやライブに使用したことでも知られております。

アンディ・ティモンズ、グレック・ハウ、ジョシュ・スミス、リー・リトナーなどの使用が有名で、アンディ・ティモンズはアンディ・ティモンズ・シグネチャー・モデル(BB Preamp-AT)も作りました。

クセがなく、特にボーカルに馴染むサウンドです。ストラトキャスターなどシングルコイル系に合うと思います。歪みがマイルドなため尖った高音もまろやかに響かせてくれます。コード弾きでの音の分離もいいです。変な味付けが無い分、ギター本来のサウンドが生きてきます。また、ピッキングニュアンスも完成度が高いレベルとなっています。

コントロールツマミは、

Gain Volume Treble Bass

となっています。

Volumeは+30dB
Treble, Bassは±15dBの可変幅があります。

15Vまで対応しており、幅広いヘッドルームに対応しております。

また、バイバス音は安心のトゥルーバイパスとなっています。

他のXoticEffects同様に、アメリカでオールハンドワイヤリングによって製造されています。

セッティング

クランチ程度にプッシュしたアンプをもっとプッシュするには、BB Preampで軽く歪ませて、Volumeを上げると良いと思います。

そして、ギター側のボリュームを軽く絞ることによって、心地よいクランチサウンドが得られることが可能になっています。

クリーンブースターとしても使用が可能となっており、Gainを下げ+30dBあるVolumeを良いポイントまで回すとそのまま持ち上げてくれます。

いずれの場合にも、アクティブなトーンコントロールで細かい設定が可能になっています。

BASSとTREBLEの2つのイコライザーによってどちらの音域もカット、ブーストができます。使いやすく、音作りの幅が広がります。ストラトの場合TREBLEをを、レスポールはBASSを少しカットすると余分な高音、低音を抑えることができます。

サウンド

マーシャルの名前を由来としているようにやや硬めの歪みです。

9時くらいから歪み始め、11時で気持ちのよいオーバードライブになり、
13時〜フルまではかなり歪みますが、あくまでオーバードライブでハイゲインなディストーションサウンドではないです。だいたい14時ぐらいまでのセッティングなら聞きやすい音になります。

Xoticの歪みというのがあるのかわかりませんが、濃厚な感じです。

ラーメンに例えると、豚骨ラーメンといったところでしょうか。

クリーンブースター、気持ちのよいクランチ、オーバードライブとギターのトーンを損なうことなく活躍してくれます。

初期のモデルでは、コンプ感が強めでしたが途中でマイナーチェンジして、コンプ感が弱めになりました。

クリーンブースターとして

Volumeは+30dB、Treble, Bassは±15dBの可変幅があるので、ブースターとしても十分なゲインがあります。

BB PREAMPをクリーンブースターとして使用する場合、このTrebleとBassがひじょうに役に立ちます。

ただ音量だけを上げるブースターだと低音が大きくですぎたりするケースや、他の楽器の帯域にぶつかる事も多いです。

歪み始める手前程度のセッティングにして常時ONのまま使用するのがおすすめです。少し硬めなサウンドに感じることもありますが、他のエフェクターで歪ませたりすればあまり気にはならないレベルでしょう。

そういった時にイコライザーがあるブースターは音が作りやすいく、音量を大きくしたい帯域のみ上げる事も可能です。

しかもイコライザーの可変域も広いので使いやすいです

そして、マーシャルのような真空管アンプで使用すると太く強調されます。

トーンについて

±15dBの2バンドイコライザーによりナチュラルなサウンドからオーバードライブサウンドまで、多彩なコントロールが可能です。

BB PREAMPの歪みは温かみと厚みを感じるオーバードライブですが、逆に言えばハイゲインな歪みではありません。

ブースターとして使用しない場合はクランチ系の方々が合います。

しかし、大きな音で鳴らしてみると、僅かにコンプ感のある音になるので、その部分が気になってしまうかも知れません

音のキャラクターが良い分若干マイナスポイントです。

ただ、そのコンプ感も不自然ではないので、おそらく気にならない人の方が多いかと思います。

派生モデル

商売上手なXotic社さん、派生モデルとして、

BB PLUS 2チャンネル使用になって3バンドイコライザーが付いています。

BB MB ミッドブースト可能な小さいツマミが付きました。

BB Preamp AT アンディ・ティモンズ・シグネチャー・モデル

が発売されています。

XOTICの関連記事

▶︎EP BOOSTERについてはこちら!

▶︎AC BOOSTERについてはこちら!

▶︎AC PLUSについてはこちら!

▶︎RC BOOSTER v2についてはこちら!

▶︎BB PREAMPについてはこちら!

▶︎SL DRIVEについてはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です