Hughes & Kettner Tubemanの音作りやセッティング。

Hughes & Kettnerは、アンプや関連機器を製作しているドイツのブランドです。

比較的新しいブランドですが、真空管アンプの良さを追求しつつ、現代的なドライヴ・サウンドを模索しており、日本のミュージシャンにも愛用者が多いです。

今回はTubeman 2というペダル型のプリアンプを紹介します。

現在は廃盤になっているようですが、Hughes & Kettnerの代表的アンプであるTriAmpを設計したスタッフにより製作されたもので、ライブやレコーディングに汎用性がありました。

本格的なTube Ampを、手軽に足元にセッティング可能で、大ヒットした製品です。

Tubemanについて

3つのチャンネルと3バンド・イコライザー、そしてマスター・ヴォリュームが装備されており、アンプ・ヘッドの感覚で操作を行います。

筐体の中央に3つのフット・スイッチが付いており、これでチャンネルの切り替えを行います。

ジャックはインプット、センド、そしてミックス用とシンプルになっています。

特徴的なのがルックスです。筐体の上部はメタリックで、「Hughes & Kettner」ロゴが印字されたアクリルの内側には、真空管が見えており、真空管稼働時には本家のTriAmpのように青く光ります。

Red Boxを搭載していたので、宅録を中心にしているギタリストにも重宝されました。

真空管プリ・アンプ・サウンドをミキサー等の機器に直結して得ることが出来たためです。ライン録りでリアルなギター・サウンドに迫ることが可能でした。

Tubeman 2の真空管には300ボルトの高電圧がかかっています。

また、アダプターは専用のもので、AC-ACアダプターとなっています(ヨーロッパ製品に多いです)。

音作り

本物の真空管アンプを試したことのないギタリストは、まず初めは、厚みがあってナチュラルに歪むギター・サウンドに惹かれます。

そして内部の真空管を交換することで、音の変化を楽しみたくなると思います。

もっと中音域を豊かに出力させる、ゲインをもう少し自然に上げたいなど、数種類の真空管を買って試してみることが出来ます。

ちなみに、現代はデジタル・モデリング・プリアンプが全盛の時代で、本物の真空管はなかなか楽器屋に置いていません。こだわるなら、オーディオ・マニアが通うような専門店を探してみましょう。

アンプのインプットに直接接続して、ストンプ・エフェクターの感覚で使うことも出来ますが、理論的にはプリアンプを2度通過させることになっているため、レベルやイコライザーの設定が難しいでしょう。

また、ゲインもかます程歪みが増す訳ではなく、飽和してしまうと芯のない薄い音になるので、注意が必要です。

・各チャンネルの特徴

3種類のチャンネルは、それぞれ特徴があって差別化されています。

フット・スイッチで簡単に切り替えることが可能です。

  • Channel1 透明感のあるクリーン・サウンドで、「揺れもの」のエフェクターのノリが良く、アルペジオに最適でしょう。軽く歪ませても綺麗なクランチになります。
  • Channel2 オーバードライブ・サウンドです。伸びが良くて豊かな倍音がしっかり出力され、真空管の真骨頂とも言える音です。歪みを強くしても音が潰れず、奥行きが出せます。
  • Channel3 チャンネル2より高音域が抑制され、音圧があってより激しい歪みに向いた音を作ることができます。エフェクターを追加することで、かなりダーティーに歪ませられるでしょう。

Tubeman2で音作りをする際に問題となるのが、イコライザー部分は全チャンネルで共通である点です。

この問題は、特にライブで使用する場合、詳細なセッティングを行うギタリストは悩むかもしれません。

具体的には、チャンネルを切り替えた時にギターの音質そのものを変更したい、という時に不都合を感じることになります。

そのようなケースでは、別途イコライザーを用意して同時に切り替えられるように組むか、こだわるのであれば、イコライザーをボディ横に増設する改造をするのが良いと思います。

しかし、様々なエフェクターを買うよりTubeman 2が1台あれば、自宅でのレコーディングにも使用出来ます。

また、真空管仕様のプリアンプとしては、非常にコストパフォーマンスに優れた機能を持っていると言えます。

セッティング

それでは、各サウンドのセッティング例を紹介します。

・クリーン・サウンド

クリーン・サウンドを多用する人は、

  • Channel1 9時
  • Channel2 Gain9時、Volume9時
  • Channel3 Gain9時、Voicing12時、Volume9時
  • Bass フル
  • Mid 12時
  • Treble 12時
  • Master Volume フル
・ブルース・リード

ブルース・リードを多用する人は、

  • Channel1 1時
  • Channel2 1時、Volume12時
  • Channel3 Gainフル、Voicing9時、Volume12時
  • Bass フル
  • Mid 1時
  • Treble 1時
  • Master Volume 12時
・ロック

一般的なロック・サウンドの場合には、

  • Channel1 1時
  • Channel2 Gainフル、Volume9時
  • Channel3 Gainフル、Voicing3時、Volume10時
  • Bass フル
  • Mid 1時
  • Treble 1時
  • Master Volume 1時

より激しい歪みを求める場合には、Channel2とChannel3を基本に音を作っていきましょう。

クリーン・サウンドが欲しい場合にChannel1に切り替えて、ギター側でヴォリュームを絞っていくと、太めの音に仕上げられると思います。

現在は廃盤なので、中古市場で見つけるしかないのですが、かなり本格的な真空管搭載のプリアンプですので、じっくりと音を作りたい方にはお勧めした機種です。

ヒュースアンドケトナーの関連記事

ヒュースアンドケトナーのアンプヘッドの特徴は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です