poly tuneの使い方や評価レビュー。

poly tuneの使い方や評価レビューを行なっていきます。

poly tuneの使い方や評価レビュー。

Polytuneは2010年に発売された世界初の複数弦同時チューニングが可能なペダル型チューナーです。

MONO POLY特許アルゴリズムにより、入力された音が単音か和音かを自動的に感知します。

開放弦をジャラーンと鳴らすと自動的にポリフォニックモードになり6本の弦のチューニング状態(高低)を表示してくれます。

単音で弾くと自動的にクロマチックモードになり音名とチューニング状態を表示します。

初代から2、2から3へとアップデートされています。

POLYTUNEは精度が高いことが有名で、シンクロナイズド・トレモロやフロイドローズなどのアーム付きのギターには必需品となっています。

他社の同じようなペダル型チューナーの精度は、誤差±0.1セントが平均的なレベルとなっていますが、Polytuneは±0.02セントとなっており、これを超える精度を持つチューナーは無いと思います。

初めは細かくチューニングを合わせるのは手間な作業になりますが、辛抱強く行えばコードの発音は大変すばらしい

サウンドが得られるでしょう。

POLYTUNE1,2,3 の違い

・測定精度の違い(2と3ではストロボ・チューニング・モードが加わりました)

音程のズれをメータの針の位置ではなく、速度で表すことによりわずかなズレも見逃さなくなります。精度の点では劣りますが、針が左右に振れて音程を表示するストロボモードも使えます。劣るとはいえ、全く問題のない±0.5セントという精度です。

polytune ポリフォニック時 ±1セント
クロマチック時  ±0.5セント

polytune 2 ポリフォニック時 ±0.5セント
クロマチック時  ±0.5セント
ストロボチューナー ±0.1セント (半音の千分の一!)

polytune 3 ポリフォニック時 ±0.5セント
クロマチック時  ±0.5セント
ストロボチューナー ±0.02セント

・ディスプレイの違い

2ではディスプレイのLEDが大きくなり、輝度も上がりました。

また、ライトセンサーと連動しているため、周囲の光量に合わせて表示の明るさも自動調整されます。

3では109個の高輝度LEDを内蔵した高視認性ディスプレイとなり、またライトセンサーも内蔵しています。

・バッファー内蔵

初代と2ではトゥルーバイパスでしたが、3からはトゥルーバイパスかバッファードバイパスかを選択できるようになっています。

バッファーには、TC ELECTRONIC の高品質バッファーBONAFIDE BUFFER(単体で8,000円ほどします)を内蔵しています。

ケーブルの長さや複雑なペダル設定での信号劣化をゼロにします。

また内部のスイッチを切り替えることにより、常時ON、バッファードバイパス、トゥルーバイパスの三つのモードに切り替えることが可能です。切り替えは背面のパネルを開けて行います。

(切り替えには裏蓋をいちいち開けないといけないので面倒です)

またオールウェイズオンモードが新たな機能として搭載されました。常時チューナー機能が働くことにより、ピッチを監視することができます。フットスイッチでOUTPUTをミュートすることもできるようになりました。9Vアウトプットを搭載しており、他のペダルへの電源供給も可能です。

初代POLYTUNE MINI とPOLYTUNE MINI 2

リファレンスピッチがA4=440Hzと固定となりますが初代と変わらないチューニング精度を持っています。

筐体は51x93x45ミリという小型サイズになりました。重さも約半分です。

クロマチック時のディスプレイモードはニードル表示のみとなります。

ドロップチューニングにも対応しています。
電池は使えません。

POLYTUNE MINI2はストロボモードが追加となり、リファレンスピッチは440Hz固定と変わりありませんが、チューニング精度が上がりました。

ポリフォニック時±1セント
クロマチック時 ±0.5セント
ストロボ時   ±0.1セント となっています。

POLYTUNE CLIP

これはクリップ式チューナーですが、性能はペダル型のPOLYTUNE3と同程度の精度を誇っています。

リファレンスピッチがA4=435-445Hzまで設定可能となっています。

3モード(ポリフォニック、クロマチック、ストロボ)が選択可能で、ストロボ・チューナー・モードでは±0.02セントの精度を誇ります。

これはチューナーでも最高峰の精度です。クリップ式でストロボチューナーとなると最上級モデルではないでしょうか。

クリップ式のチューナーでよくあるのは、チューニングメーターの反応が鈍いということですが、これに関しては全く心配ありません。すごく反応が良いです。

ドロップチューニングにも対応しています。

ディスプレイは自動回転機能を搭載していますので、表示の向きが自動的に調整されます。

バッテリーはCR2032です。これはホームセンターなどで一般的に売られていますので手に入りやすいと思います。

クリップの角度調整は一つの方向のみ稼働です。

これは耐久性も考えてだと思います。

関連記事

▶︎BOSSの記事一覧はこちら!

▶︎BOSSのチューナーの使い方やバッファについてはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です